人気の記事

花火 ハナビ パチスロ スロット 設定1 スランプグラフの波と挙動や設定差データ、全大当たり履歴!

パチスロ スロット 花火 ハナビ HANABI(2015) 設定1の8000Gでのスランプグラフの波や挙動と特徴。シミュレーション実践データ、最大ハマリゲーム数や設定判別要素の設定差データを3台紹介!

 

「花火 ハナビ HANABIって、大きい設定差が外から見えないから分かりにくい!
設定1はどういう挙動なの?」

こう思ってらっしゃるあなたに、
花火の設定1を8000G回した全部のデータをお見せします!

スペックと設定差のある設定判別要素

「パチスロスロット:花火 ハナビ HANABI(2015)」

(c)ユニバーサルエンターテインメント

仕様:A+RT

BIG:MAX311枚
REG:MAX104枚

「パチスロスロット:花火 ハナビ HANABI(2015)」の設定判別をする時にカウントする要素を以下に並べます。

ボーナス確率、機械割

設定 BIG REG 合成 機械割 機械割
(完全攻略)
1 1/312 1/385 1/172 98% 100.5%
2 1/303 1/368 1/166 99.9% 102.3%
5 1/292 1/348 1/159 103.1% 105.4%
6 1/277 1/324 1/149 106.1% 108.5%

小役確率

設定 風鈴 平行氷
1 1/15.66 1/52.85
2 1/15.30 1/52.85
5 1/14.97 1/48.05
6 1/14.65 1/48.05

RT中のハズレ

設定 HC中 HG中
設定1 1/7.07 1/13.36
設定2 1/6.61 1/11.81
設定5 1/6.16 1/10.44
設定6 1/5.81 1/9.48

※HC=花火チャレンジ、HG=花火ゲーム

BIG中の斜め風鈴

設定 斜め風鈴
設定1・5 1/10.67
設定2・6 1/8.26

BIG中のハズレ

設定 ハズレ
設定1・2 1/16384
設定5・6 1/481

BIG中のハズレ成立時はリーチ目が出現します。

設定判別はどうするの?

パチスロスロット:花火 ハナビ HANABI(2015)の判別には上の要素を全てカウントします。

「勝ち勝ちくん」でカウントしましょう。

そしてカウントした複数の要素で判別します。

頭で判別するのもいいですが、正しく判別するなら複数の条件を入力すれば自動で設定推測し、
設定判別してくれるアプリを使います。

花火 ハナビ パチスロ スロット 設定1 スランプグラフの波と挙動や設定差データ、全大当たり履歴!-パチスロスロット:HANABI(2015) 設定差 設定1 シミュレーション 差枚数 Aタイプ(ノーマル機) データ 挙動 パチスロ スランプグラフ 設定判別-getb
複合要素設定判別ツール

設定1のスランプグラフ、最大ハマリゲーム数データ一覧!

パチスロスロット:花火 ハナビ HANABI(2015)アプリを使った3回分の設定1のスランプグラフです。

全て8千回転させたグラフです。

連続で3回分を選別せずに載せています。

  1. スランプグラフと差枚数
  2. 2枚の設定差のある要素のデータ
  3. 全大当たり履歴とフラグ。下が一番古いです。

の順で掲載しています。

ハナビ 花火設定1の、挙動やデータとグラフを確認して、

台選びや設定判別などの、実践で打つ際の参考にしてくださいね。

5号機で復刻した、パチスロスロット:花火 ハナビ HANABI(2015)の設定1、完全攻略での機械割105.4%はどのような波のグラフを描いてくれるでしょうか!?

アプリ:ハナビ HANABI紹介はこちら

設定1の勝率や最大、最低差枚数の分析

パチスロスロット:花火 ハナビ HANABI(2015)設定1のスランプグラフの傾向としては、山形を繰り返しつつも、全体としては右肩下がりになっている、ということが分かりますね。

勝率は3台中2台がプラスで、66%でした。
最低差枚数は-2035枚で、最高差枚数は1705枚でした。
最大はまりゲーム数は1276Gでした。
浮き沈みもそこそこ激しいので、序盤挙動が良いけれど実は設定1だった、ような台を
設定狙いで打つ場合は、沈みの時にどう立ちまわるか、で大きく差が出てきそうです。

 

攻めと守り。設定差と設定判別のポイント

設定判別には設定差の強い要素である、

  • REG確率
  • ぶどう確率
  • 単独REGやチェリー重複REG
  • ホール情況

を複数カウントして、それを見ることが大切です。

「勝ち勝ちくん」でカウントしましょう。

そしてカウントした複数の要素で判別します。

なぜ複数見るのが大切なのか?

一つの要素ではどれだけ強く確率が上回っていても、約50%程度までしか設定6だと言い切れないからです。

全てが上回っている状態なら、かなり高確率で設定6である、と言っても良いでしょう。

この、「複数の条件を掛けあわせて設定を探る」というみんなが自然とやっている確率の考え方は、
ベイズ推定という確率論の方法でもあります。

ですが、ホールの実践中にこんな面倒なことをいちいちやっていられません。

そんな場合には複数の条件を入力すれば自動で設定推測し、
設定判別してくれるアプリを使うのもいいかと思います。

パチスロの設定判別にスロマガ設定判別ツールがオススメな4つの理由

ただ、ここまではみんな当たり前のようにやっていると思います。

こういったツール類はいわば「盾」です。

打つ前に複数の条件が分かることはないですし、確認できるまでに数千回転は回さないといけません。

自分の座った判断が正しかったのかを確認できる、転ばぬ先の杖となるものです。

打ちながら挙動が思わしくない時に、設定判別ツールを見てヤメるか続行するかを判断出来るのですね。

ですから盾もとても重要です。が、私達には先に攻撃を仕掛ける武器が必要でもあるのです。

パチンコパチスロは自分の攻撃(台に座ること)が絶対に先になるからです。

Aメソッドでは、武器を開発しています。

あらかじめそれらの複数の条件が起こった時を一つずつ計算し、表にまとめ、すぐに使える期待値として表しました。

ホールをざっと見渡して、どの台が高設定なのかを即時に判断し、座ることが出来る武器です。

それがAメソッドです。

その他の情報リンクまとめ