人気の記事

ジャグラー攻略法:Aメソッドその2一撃離脱戦法で立ち回った実践報告 ...打ち初めのゲーム数と、ペカッた時のゲーム数です。 大体1〜2千円でペカらせていることがおわかりかと思います。...

パチスロジャグラー勝つコツ。設定6でも確率が収束する速度は意外と遅い

2017年2月28日

パチスロジャグラーで勝つコツ。
設定6でも確率が収束する速度は意外と遅い

注意してください。

確率が収束する理由は「確率が理論値に引き寄せられるから」ではなく

偏った事象はそう何度も起きないので、試行回数を増やせば全体的に偏りが減るから」が正しいという事です。

ただ、ここで注意しておきたいのが「収束する」という言葉です。

「収束する」とは、数学の言葉で「ある値に限りなく近づいていく」という意味。

「ある値に近づいていく」に過ぎず、「ある値になる」わけではないんです。

そのため、

パチスロやジャグラーで「収束する」を利用する場合

には

「実際どのくらいの速度で設定6に近づいていくのか」が非常に重要な要素となってきます。

では、「確率が収束する」速度は実際どのくらいなのか。

試行回数を4倍にして初めて「ブレの大きさ」が大体0.5倍=半分になる

つまり、実生活でのパチスロやジャグラーにおいて確率は「すぐに十分な収束をしてくれる訳ではない」のです

 

実際に、ある運ゲーにおいて

「実力的には勝率55%をとれるけど下位10%に相当する運の悪い人」

の勝率をみていくと、以下のようになります。

パチスロジャグラー勝つコツ。設定6でも確率が収束する速度は意外と遅い-立ち回り パチスロ 台選び 設定6 ジャグラー-shusoku 300x253

試行回数を4倍にすると「実力とのブレ」が0.5倍(7%→3.5%)、50倍にすると「実力とのブレ」が約1/7倍(7%→0.92%)になっているのが分かりますね。

つまり、実生活でのパチスロやジャグラーにおいて確率は「すぐに十分な収束をしてくれる訳ではない」のです。

Aメソッドにもあるように、パチンコやパチスロでも、
1000回転ハマったからと言って、次の大当たりが浅くなる、わけではないのです。

に続きます!

他にもジャグラー各機種の全設定をシミュレートしています。

他にもぜひメニューから色んなカテゴリを表示してみてくださいね!