人気の記事

絆設定1|グラフと挙動、スルー回数、大当たり履歴、出玉とハマリ|バジリスク絆設定1

2017年7月18日

バジリスク絆設定1を8千G回した時の高、低挙動のそれぞれのスルー回数、スランプグラフ、確率や全大当たりフラグ履歴、出玉数、ハマリゲーム数のデータを2台紹介!

実践的にするために千G単位で、8千Gまで回した時をそれぞれ掲載します。

また、全大当たりの履歴と当選フラグも全て掲載します。

アプリの結果からスランプグラフを作成し、データとして大当たり履歴やそこから見える数字や挙動を細かく分析して行きます。

歌も流れるし、設定6〜設定1まで選べる、高速オートプレイもある、真瞳術チャンスも選べる、無限回回せる等など、出来は完璧に近いので

バジリスク絆の、朝一の挙動を確認したい方や、高設定の挙動、低設定の挙動を身に着けたい方、心ゆくまで設定6をぶん回したい方には必須なアプリ

バジリスク絆で勝つ為には必須だとは個人的に思います。もちろん負けてもいいなら必要は無いです。設定6の挙動が身に沁みついている人とは勝負にすらならないかと思います。

アプリ:バジリスク絆紹介はこちら

バジリスク絆設定1大当たり履歴画像一覧!

ではデータをご紹介します。

台選びや設定判別などの、実践で打つ際の参考にしてくださいね。

データを初めに掲載し、続いて全ての大当たり履歴の画像を掲載します。

バジリスク絆の高挙動の設定1と低挙動の設定1をそれぞれ掲載します。

1000回転ごとに2枚のデータ画像と、1〜2枚の大当たり履歴を載せています。

大当たり履歴はほぼ全て網羅しています。

またスランプグラフを作成し、掲載しています。

バジリスク絆設定1高挙動の画像




バジリスク絆設定1低挙動の画像

アプリ:バジリスク絆紹介はこちら

バジリスク絆設定1のはまりゲーム数やスルー回数、大当たり確率等の分析

高挙動は朝一挙動も良いのですが、そんなに伸びずに失速もすぐにしていきます。

低挙動は朝一から沈みながらも時々0枚手前まで吹く、という波を繰り返しました。

でもまぁ、設定1て感じのグラフですよね。

ハイエナでちょろっと狙うだけにしておきたいですね。

運の発散も意識していかないと厳しいかもしれませんね。

高挙動のバジリスク絆設定1

  • スルー回数:5スルー4スルーが2回
    9スルー6スルーが1回
  • 最大ハマりゲーム数:天井が2回
  • BC合算:1/
    97→153→128→152→158→152→141→149

低挙動のバジリスク絆設定1

  • スルー回数:9スルー、5スルー、6スルーが1回
  • 最大ハマりゲーム数:天井が2回
  • BC合算:1/
    112→85→92→106→117→128→120→121

重いスルー回数が複数回訪れますね。

弱チェリー、スルー回数やモード移行、や高確移行の感じ、など外からは見えにくい要素を複合して判断を下すしかやはりないのでしょうか。

バジリスク絆の設定1は右下一直線!?

そんなことはないんですね。

朝一挙動と出玉で勘違いして低設定の高挙動を回す、なんてこともありえそうですね。

ただこれは別にバジリスク絆に限った話ではありません。

全パチスロ機種で起こることですし、

理論上、設定1と同等か良い挙動を見せる割合は、設定1の1/2、半分です。

バジリスク絆の現在と今後

大人気機種、かつ今後もホールの華形であろうバジリスク絆。

設定5や設定6も良い挙動は分かりやすく、さらには設定4設定5設定6確定演出まである。

スルー回数や、ゲーム数でのハイエナ。さらにはテーブルを狙っての半ハイエナ。

それらがバジリスク絆を触る人たちほぼ全員に知れ渡っているような状態ですよね。

もう出尽くされていて、期待値があるバジリスク絆を後ヅモできる可能性は、

「高設定の低挙動を見極める」

くらいしか無いのではないでしょうか?

そして大事なことは

「低設定の高挙動と勘違いしないこと」

両者には微妙な差しかありませんが、それでも見抜ける力があれば強いですね。

今さらバジリスク絆のデータを載せた理由は、その視点に立ってデータを紹介できたらな、という思いで載せました。

 

関連:攻めと守り。Aタイプの設定判別

ここではAタイプ、ノーマルタイプでの設定判別の話になりますが、基本は同じです。

設定判別には設定差の強い要素である、

  • REG確率
  • ぶどう確率
  • 単独REGやチェリー重複REG
  • ホール情況

等を複数見ることが大切です。

「勝ち勝ちくん」でカウントしましょう。

そしてカウントした複数の要素で判別します。

なぜ複数見るのが大切なのか?

一つの要素ではどれだけ強く確率が上回っていても、約50%程度までしか設定6だと言い切れないからです。

全てが上回っている状態なら、かなり高確率で設定6である、と言っても良いでしょう。

この、「複数の条件を掛けあわせて設定を探る」というみんなが自然とやっている確率の考え方は、
ベイズ推定という確率論の方法でもあります。

ですが、ホールの実践中にこんな面倒なことをいちいちやっていられません。

そんな場合には複数の条件を入力すれば自動で設定推測し、
設定判別してくれるアプリを使うのもいいかと思います。

パチスロの設定判別にスロマガ設定判別ツールがオススメな4つの理由

ただ、ここまではみんな当たり前のようにやっていると思います。

こういったツール類はいわば「盾」です。

打つ前に複数の条件が分かることはないですし、確認できるまでに数千回転は回さないといけません。

自分の座った判断が正しかったのかを確認できる、転ばぬ先の杖となるものです。

打ちながら挙動が思わしくない時に、設定判別ツールを見てヤメるか続行するかを判断出来るのですね。

ですから盾もとても重要です。が、私達には先に攻撃を仕掛ける武器が必要でもあるのです。

パチンコパチスロは自分の攻撃(台に座ること)が絶対に先になるからです。

Aメソッドでは、武器を開発しています。

あらかじめそれらの複数の条件が起こった時を一つずつ計算し、表にまとめ、すぐに使える期待値として表しました。

ホールをざっと見渡して、どの台が高設定なのかを即時に判断し、座ることが出来る武器です。

それがAメソッドです。

バジリスク絆その他の情報リンクまとめ

アプリ:バジリスク絆紹介はこちら

バジリスク絆全設定6~設定1へのリンク

  1. バジリスク絆設定1|スランプグラフと挙動、スルー回数、大当たり履歴、出玉とハマリG
  2. バジリスク絆設定2|スランプグラフと挙動、スルー回数、大当たり履歴、出玉とハマリG
  3. バジリスク絆設定3|スランプグラフと挙動、スルー回数、大当たり履歴、出玉とハマリG
  4. バジリスク絆設定4|スランプグラフと挙動、スルー回数、大当たり履歴、出玉とハマリG
  5. バジリスク絆設定5|スランプグラフと挙動、スルー回数、大当たり履歴、出玉とハマリG
  6. バジリスク絆設定6|挙動とスランプグラフ、スルー回数、大当たり履歴、出玉とハマリG

当サイトでは、全ジャグラー全設定20万回転ずつのスランプグラフと各種データも掲載しています。

上のメニューからも一覧をご覧いただけます。

GoogleのAI(人工知能)が選ぶ、アナタへのオススメ記事!