人気の記事

アイムジャグラーEX、APEX:ぶどう確率の収束と立ち回り。

2017年2月28日

  • 「確率分母の100倍の試行回数をこなせば、95%の確率で誤差±20%以内の確率になる」

これを確率収束の法則と呼びます。

またさらに、

  • 「確率分母の400倍の試行回数をこなせば、95%の確率で誤差±10%以内の確率になる」

とも言われています。

つまりどのくらいの回数を行えばいいのかと言いますと、確率が1/100の場合は、

  • 1万回行えば、1/80~1/120の誤差
  • 4万回行えば、1/90~1/110の誤差

になると言うことになります。

これを
 

アイムジャグラーEX、APEXのぶどう確率の収束に必要な回転数

に当てはめてみます。

 

設定6のブドウ確率1/6.18を

618回行えば1/4.9〜7.4の間に、

2472回行えば1/5.6〜6.8の間

に収まるということになります。

 

ぶどう確率を見る時は2500回転ほどから確認するほうが信頼度が高い

ということがわかります。

確率の収束ついては素晴らしい記事を書いているブログをみつけましたので、

詳細を知りたい方はよければ見てみて下さい。

  • 【運ゲーとは何か?】確率は収束するが運は収束しない【前編:なぜ確率は収束するか】 (C)アタリマエ!

http://atarimae.biz/archives/1437

またAメソッドでもこれらをまとめて期待値としてすぐに使えるように整えています。

それではまた!

GoogleのAI(人工知能)が選ぶ、アナタへのオススメ記事!